アシュタンガヨガ✖️陰ヨガ in 札幌

先日、少し早い夏休みをいただきまして北海道に帰省してきました。

関東は梅雨が明けて暑い毎日になり始めた頃、北海道はストーブを入れるくらいの寒さでした(笑)

いくら涼しい夏といっても、これじゃ夏を楽しめないじゃないか〜!

と、思っていましたが、来ていただいた生徒さん達のお顔を見たら一瞬にしてぽっかぽかになりました♪

今回は札幌のスタジオでレッスンをしていた頃、一緒に苦楽を共にしたNozomi先生と一緒のコラボクラスです!
いや、“苦” はほとんど無かったかも(笑) ほとんど “楽” ばっかりだったかも(⌒-⌒; )

今回も当時いつも通って下さっていた生徒さんがたくさん来て下さって、感極まりました( ;  ; )
Nozomi先生の生徒さんもたくさん来て下さって初めましての方もたくさんお話しできて最高でした!

アシュタンガヨガはNozomi先生がリードを担当し、私は陰ヨガを担当。

アシュタンガヨガのクラスは初めての方もけっこういらっしゃったので、ゆっくりとNozomi先生がわかりやすく進めてくれて、私はアジャストに入って回りました。

今回は、札幌の “オノベカ” という古民家レンタルスペースをお借りして、レトロは空間の中で行いました♪

天井が高くて開放感があって最高♪

なんですが、本当は定員が12名のところ、ありがたい事にすぐに予約が埋まってしまい、ギリギリまでマット敷いてみたらもう少し入れるかもということで、16名の方に来ていただくことになりました。直前でお一人来れなくなったので15名の方と行いましたが、写真の通りびっしりヽ(;▽;)ノ

ですが、さすがみなさん素敵なヨギーたちです。

お互いが相手と自分の事を思いながら、限られたスペースで限られた時間で自分の心身と向き合われていました。

陰ヨガは今回のテーマは “自愛”

ジアイとは、二つ言葉がありますよね。

慈愛・・・いつくしむ心。“我が子を愛するような深い愛情” 他者への愛情を意味します。

自愛・・・自分を大切にする事。“ご自愛ください” 自分への愛情を意味します。

ヨガ自体が自愛することに繋がりますが、自分を愛すること、大切にするということとは?

リラックスして、緩めることだけが心身を大切にしているとは限らないということ。

どの状態であっても必ず表裏の関係があるということ。

皆様に伝わっていたら嬉しいです。

理解出来なかった方も、あの場所で私の言葉を受け取って下さった事に感謝します。

陰ヨガでは、途中で狭くてどうにもこうにもポーズが取れなくなるというトラブルもありましたが、それも、“こうしたらいけそうじゃない?” とか、“大丈夫ですよ〜” など、優しいお声に助けられる場面もありましたヽ(;▽;)ノ

ヨガのインストラクターになって今月で5年が経ちました。

こうして、以前レッスンをしていた時に通って下さっていた方逹が変わらずヨガを受けに来て下さったり、会いに来て下さる事が本当に今の自分のパワーとなっています。

今まで、“自分はインストラクターに向いていないかもしれない” と思った事もありましたが、“先生のクラスが好き!” という言葉に、何度も救われました。

今までにいただいたお手紙や、アンケートのコメントをたまに見ては、活力に変えています。

その活力でまた、ヨガを通してみなさまが健康な心身になれたり、楽しくて輝く毎日になれる、きっかけになれたら本望です。きっかけなんておこがましいですが、小さくても何かに繋がれたら嬉しいです♡

一緒にヨガのクラスを開催してくれたNozomi先生にも感謝です♪ のんちゃんまた一緒にコラボしようね〜!

感謝に溢れる1日でした♡

また11月に札幌でクラスをする予定ですので、またみなさんの素敵な笑顔にお会いできる事を祈っています。

Namaste

関連記事

  1. ヨガの効果〜心の状態トリグナとホルモン〜

  2. ジョー・バーネット先生による陰ヨガ指導者養成講座 in 福岡…

  3. ヨガと食事〜お肉は食べない?〜

  4. モンキーマインド〜ヨガで感情をオープンに〜

  5. ヨガで苦手なポーズの練習をする理由

  6. 自宅でプライベートレッスン〜冬の運動不足を解消〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。