ヨガの効果〜心の状態トリグナとホルモン〜

もう3月!!!

早いですね〜⭐︎少し肌寒いけど、少しずつ薄着になれるのが嬉しいこの頃です♪

ヨガインストラクターとしてヨガをたくさんの方におすすめしている私ですが、ヨガをする効果を改めて私の経験も踏まえてお伝えできればと思います♪

インターネットの検索で “ヨガ 効果” などで検索すると、色々なワードが出てきますよね!

ダイエット、運動不足解消、歪み改善、リラックス、ストレス解消、、、、

私もどの効果もヨガを続けてきて実際に、すご〜く実感しています!

今回は心の状態を見ていきましょう!

ヨガを本格的に学び始めてまだ5年ほどですが、先週まで実は2週間くらいヨガのアーサナ(ポーズ)練習をしていなく、続けていたランニングもストップし、瞑想の時間も取らず、自分と向き合うということから離れた生活を送っていました。

その結果は、、もちろん体は重く、エネルギーを使っていないはずなのに食欲が止まらず暴食を続けてしまったり、周りの環境にイライラしたり、未来が不安に思えたり、自分の発する言葉に自信が持てなかったり、涙が止まらなくなったり、一つの事に執着したり、すごく閉鎖的な考えになっていました。

こんな状態になったのはヨガを始めて、初めてです!

悲しい出来事があったりしたのも事実ですが、でもここまでパワーダウンしたのに自分でもびっくりです。

そこで私は今の状態こそヨガ哲学の力を借りて、本来の自分に戻れるように実践してみよう思いました!

 

まずは、今の心の状態を3つに分けてご紹介します⭐︎

ラジャス・・・この性質は激動・動性を意味します。情熱や、やる気に満ちてエネルギッシュな状態で、その反面怒りや妬みや恨みなどの感情が生まれてくる。興奮しすぎたり、テンションが高く、コントロールができなくなる状態。活動を命令する動き出す力を持っている。

タマス・・・この性質は怠性・無知を意味します。活力が無く、何でも楽な方を選び、無気力で心が重い状態。貪欲になったり短気な状態になりやすく執着しやすい。サットヴァの反対で、停滞、後退する力を持っている。

サットヴァ・・・この性質は純粋性・調和を意味しています。自制心が強く、ちょっとした事でイラついたり動揺したりせず、バランスが取れていて心が穏やか。周りに流されず物事を公平に見る事ができて向上心がある。

上記の3つの種類を “トリグナ” と言います。

サンスクリット語で、トリ=3  グナ=質 という意味です(^ ^)

アーユルヴェーダで体の性質に “ドーシャ” があるように心にもグナという性質があります⭐︎

私たちはこの3つの気質を必ず持っています。この3つのバランスが取れていると人は執着心が無く、欲望や周りの状況に振り回されずに常にサットヴァな状態でいられます。

ではサットヴァの状態(バランスが取れている状態)でいる為には何をしたらいいのでしょうか?

 

下記がとっても大切と考えられています!

①食事・・・自分の身体が必要な食事。好きなものを好きなだけ食べるという必要=欲ではないですよ!笑
疲れている時は甘いものではなくミネラルを取った方がいいように(⌒-⌒; )
アーユルヴェーダで考えると、また体質(ドーシャ)によって摂取するものが異なってきますが、野菜や魚、お肉、海藻などがどれだけ必要なのかはどんな自分になりたいかというのも大切ですよね!痩せたい、筋肉をつけたい、デトックスしたい、美肌になりたいetc…
食事は、自分の細胞を作る=身体を作る に繋がりますので今の自分に何が足りていなくて、何が不必要なのかを考えながらしてみるのが大切ですね。
ただ、美味しいな〜!大好きなものを “◯◯ってやっぱり最高〜!” と感じながら食事をするとドーパミンという生きる意欲を作るホルモンを分泌する事ができます!

《他にもドーパミンが分泌される時》

・目標に到達したとき

・感謝されたり、認めてもらったとき

・感動したとき

人間らしい幸せを得る上で最も重要と言われています。

なので、栄養を考えながら食事を取るのはもちろんですが、その中でも大好きなものを取る事も大切ということですね( ^ω^ )やはりここでもそのバランスが大事ということ♪

②睡眠・・・副交感神経(リラックス)が優位にならないと、質の良い睡眠をすることは難しいです。
朝起きたらまず太陽の光を浴びて、セロトニンというリラックスホルモン、別名幸せホルモンを分泌します。
夜はなるべくPCやスマートフォンなど光の強いものを長時間見る事を避ける。←これけっこう難しいですよね(⌒-⌒; )お部屋の電気はなるべくオレンジの光で目を休ませてメラトニンという睡眠ホルモンとも言われているものを分泌。6〜7時間しっかり睡眠時間をとって、朝に起きることが大切です。

《セロトニンが分泌されるとき》

・好きな人と時間を過ごしているとき

・スキンシップをとるとき(家族、パートナー、友達、ペットでもok)

・睡眠をとったとき

・深い呼吸をしたとき

・太陽の光を浴びたとき

・笑顔になったり、笑ったとき

③運動・・・人によって必要な運動量は違いますが、全身を動かす時間がとても大切です。運動によって血液の流れを良くする事、そして氣の流れを良くする事、水分(体液)の流れを良くする事に繋がります。
マッサージでももちろん巡りは良くなりますが、自ら筋肉を使う事で、成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは脂肪を分解する事ができて、特に筋力トレーニングなどの無酸素運動を行う事で分泌されます。
呼吸を大切にするヨガは有酸素運動に入りますが、呼吸をし、新鮮な酸素を体内に送り、不要になった二酸化炭素を体外に排出する当たり前の事ですがそこもすごく大切です!
呼吸法によりますが意識的に呼吸をするだけでも横隔膜や肋間筋、腹横筋など筋肉を使う事ができます。
運動により、発汗や、内臓の活性化に繋がりお通じが良くなるデトックスに繋げることもできます。
何かを取り入れるという事は(食事などで)、何かが不要になり排出する事が必要になります!
巡りを良くするには必要です!

①〜③までをする事によって、サットヴァな状態になるんですね!

美味しくてバランスの良い食事をして、質の良い睡眠をとり、規則正しい生活を送って、運動をすること。

あれ?これって、健康な心身を作るために必要な条件と同じ!

サットヴァって、心身が健康であるということ!

心身が健康=バランスがとれている=サットヴァということ。

もちろんイライラする日もあったり、自信がなくなったり、塞ぎ込みたくなる時もあるけど、サットヴァな状態を経験していて、その経験に気づいている人は冷静にその状態を受け入れることができると思います。

ということは誰でもサットヴァの状態を自ら創り出すことができるということ!

私もパワーダウンしていた少し前は、辛い、苦しいなとか、モチベーションが上がらない自分に少しがっかりしましたが、この時期にしか出来ないこと、この時期にしか生まれない感情を大切にしようと思いながら時間を過ごしました。今の自分を受け入れて無理やり変えようということはせず、変わる時を待ってみようと、変わる事への執着を手放しました。そしてヨガの練習やランニングを再開し、口にするものも一食一食大切にしています。

自分と向き合う時間をしっかり取れたからか、今は頭がクリアで、心が軽く、グラウンディング(地に足がついている)が出来ていると思います。

何よりも、今に感謝し、今ある幸せに気づく事がまたできた事に喜びを感じています。

今、タマスの時期だな〜、ラジャスの時期だな〜なんて客観的に思えるようになるとその状態が楽になりますよ( ^ω^ )

長くなっちゃいましたけど、素敵なサットヴァライフをお過ごし下さい〜♡

namaste♡

 

関連記事

  1. 札幌☆夏の夜のヨガクラス

  2. 初めての屋久島〜初めての1人旅⭐︎準備編〜

  3. ファスティング初心者〜断食後の食事は?回復食〜

  4. 2019年本気で行きたい場所は?

  5. 北海道で陰ヨガ♪

  6. イシュワラ・プラニダーナ♡〜2017年振り返り〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。