ヨガと食事〜お肉は食べない?〜

こんにちは♫

みなさんは普段、どんな食事を取られていますか?

トップの美味しそうなお肉の画像は北海道の友人の家に行った際にみんなのために作ってくれたローストビーフです( ◠‿◠ )

その時によって、外食だったり、自炊だったり、スーパーのお惣菜だったりその時のライフスタイルによて様々だと思います。

最近よくスーパーや、ドラッグストアなどで目にするのは、やたらと “無添加”  “有機” というワードだったり“オーガニック成分配合” など。

世の中がどんどん健康への意識が高まっていて需要が高まっているのだな〜と感じますよね。

20代の頃から美容には興味があったので、色々気にしてはいた私ですが、ヨガ講師を始めて何年か経っているのに・・お恥ずかしいことに身体と食事について本気で考えて、実践しだしたのは3年前くらいから。

ヨガをしだすと、アサナの練習でも瞑想でも身体の状態を見る時間が増えると、日常生活でも自分の身体について考えることが増えます。

自分の口にするものが血となり、肉となるのだから、飲むものも食べるものも大切だよな〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶っと!

そう考えると、保存料がたっぷり入ったインスタント食品や砂糖不使用で甘味料がたっぷり入っているものとかはなるべく食べたくないなと思う様になりますよね。まぁ、ここまではヨガをしてるしてないに関わらず、そう思っている方は多いと思います。

近年、たくさんの方にヨガを通して知り合う機会が断然多くて、たくさんのヨギーとお話しさせていただく事が多いんです。その中でベジタリアンの方がすごく多いという事!

最近お気に入りのサラダ屋さん♫ “The Bowl”thebowl_organic

私もそこまで詳しくはないですが、ベジタリアンの中にも種類があって、

  • ビーガン(植物性食品のみを食べる)
  • ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
  • ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
  • ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)

この他にも何種類もカテゴリーに分類されます!

アレルギーや病気など健康のため、動物愛護、環境のため、宗教、スピリチュアルな理由など、ベジタリアンになる背景は様々

私はというと、野菜は多めに摂るけれど、どれにも該当しません( ◠‿◠ )

この先もしかしたら変わるかもしれないけど、今は、お肉もお魚も、野菜もバランス良く食べるという生活をしています!

理由は、正直に言うと・・全て美味しくて好きだからということが1番かな?

私の実家は牧場・農家を以前していたので、牛や豚がいました。牛は乳牛だったので、牛乳を絞って毎日出荷していました。豚は食用です。

お肉にする為に繁殖させて、何ヶ月か育てて大きくなってきたら出荷をします。家でもそのお肉を買い取って食べる事もよくありました。

想像してみて下さい!皮を剥がされて、切断されていく動物たちを・・言葉を失いますよね。

「命あるものをいただく」と言うのはそう言うこと。

それでもお肉を食べると言うことを続けている自分はヨギーニとして失格なのかな?

ただの自分の欲を満たす為に1つの大切な命を奪っていまっているのかな・・・そう思っている自分もいます。

でも私の中では、当たり前のことなのだけど “その背景を感じていただく” と言う事ができる様になったことが自分の中で大きな変化だし、成長だなとも思っています。

かなりのエゴだと思いますが、今の私はそんな感じです( ◠‿◠ )

お肉も魚も海藻も野菜も、太陽や微生物や大地とか様々なエネルギーをもらって成長して、命があるもの。

たくさんの命をもらって自分も生かされているんだ、ここに存在している事に感謝すると言う事が出来たらいいのではないのかなと思っています。

考えってその時によって変わっていくから今後は分からないけど、私は今のところはお肉も魚も食べます☆

こういった食に関しては様々な意見があるのでこの記事を書くのには勇気がいりましたけど、最近よく考えていた事だったので、書いてみました☆

皆さんはどう思いますか??

 

 

関連記事

  1. 2019年本気で行きたい場所は?

  2. 初めての屋久島〜初めてのトレッキング☆持ち物編〜

  3. 初めての屋久島〜女一人旅は、やくすぎ荘おすすめ〜

  4. 札幌☆夏の夜のヨガクラス

  5. 歯列矯正と親知らず抜歯〜緊張状態と呼吸法〜

  6. 立春という日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。