【リアルストーン】初心者が初めてヨガマットを買うなら

こんにちは!

ヨガインストラクターのNanaです♪

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私のこのサイトでも“お知らせ”から報告させていただきましたが、ヨガスタジオがお休みの今、オンラインプライベートレッスンや、インスタライブなどで配信をさせていただいています。

もう既にヨガ教室に通われていた方や、お家で、ヨガでなくても筋トレやフィットネス目的でヨガマットをお持ちの方が多いと思います。

もし、まだヨガマットをお持ちでなくてこれから買おうと思っている方に読んでいただけたらいいなと思います(⌒▽⌒)

 

ヨガマットってそもそも必要?


答えは・・・続けるなら “必要”

でも、無くても正直出来ます。

どんなヨガをするかによりますけどね。

床がクッションフロア(硬さにもよるかも)だったり、畳だったり、固すぎず、柔らかすぎなければ・・・無くてもOK!

カーペットだと、毛足によってはかなり滑ってしまうから、寝るポーズと座るポーズのみの内容であれば無くても出来ます♪そもそも椅子ヨガなんかの場合は使わないですしね!

それでは、ヨガマットがなぜあった方が良いのか??

 

 

①ポーズを安定させ、安全に行うため

肘や膝を床につけるポーズの場合、例えばフローリングで直接床に当たるとけっこう痛かったりします。

(身体の特徴によっては、痛くならない身体の使い方もありますが、初めてする場合はその感覚を掴むのに難しい場合がある)

そう言った痛みがあるとポーズどころでは無くなってしまうのでヨガが苦痛の時間になってしまいます。

単純に関節に負担がかかるので続けていくと怪我に繋がったり、女性の方なんかは、肘や膝が黒ずんで格好悪くなる場合もあります( ; ; )

手足で身体を支えるポーズや、踏ん張るポーズなんかは足裏がスルスルと滑ってしまうと転倒や、本来関係のない部分に負担がかかり怪我に繋がってしまうので、グリップが効くヨガマットでしっかりと手や足で踏みしめられると安定します。

安定していると、呼吸が気持ちよく出来ます(*´ー`*)

 

②身体を適切(正しく)に使うために

上記でもありますが、例えば床がスルスル滑ってしまうと?

それをカバーする様にメインで使いたい筋肉ではない部分に効かせてしまう。それが繰り返されると、どこかに負荷がかかって怪我に繋がったり、引き締っていくはずのところが発達して大きくなって行ったり、その逆も然り。

グリップだけに頼ってしまうとそれはまた危険だし、適切に筋肉は働いてくれませんけど。

適度なクッション性がある事で動きやすかったり、骨が当たる部分をカバーしてくれたり。筋肉の不要な緊張を取り除く事が出来ます☆

 

③お気に入りのマットはモチベーションUP

ここのヨガマットが良い!と決まったら、好きなカラー、柄をチョイスして、練習のモチベーションを高める事が出来ます♪

ウエアと同じ感覚ですよね☆

そして、お気に入りのマットは使えば使うほど自分の相方の様に思えてきて愛着がどんどん湧きます。

“今日もよろしくね”と、大切に出来ますよ♪

 

 

どんな種類があるの?


たくさんの種類があって、高いものだと2万円を超えるものもあれば、ネットだと500円で売ってたりもしますよね。種類がありすぎて本当に迷うと思います。

◆素材

良い所 残念な所 価格
天然ゴム  ・エコ

・滑らない

・長く使える

・お洒落

・手入れが大変。水洗い出来るものとできないものあり。

・重い

6000円〜20000円程
PVC(塩化ビニル)  ・手入れが楽

・安価で気軽に使える

・軽い

・色が豊富

 ・耐久性がない。

・滑る

 

 500円〜20000円程
 TPE(サーモプラスチックエラストラー)  ・軽い

・滑らない

 ・熱に弱い(保管場所に注意)

・物によっては伸びる

 3000円〜17000円程
・滑らない

・丈夫

・お洒落

・エコ

・重い

・手入れが大変(凹凸で拭きにくい物あり)

3000円〜20000円程

 

上記は素材によっての特徴を簡単にまとめましたが、塩化ビニルの素材であっても、ブランドによっては滑りにくい作りをしていたり、高価の物があったりもします。

500円とか1000円の物はやっぱりおすすめしないかな・・私は買ったことないですけど、生徒さんが、とにかく滑るしすぐボロボロになってしまったと何度も聞くので(^^;)

私は、どんなヨガをするのか、どこで使うのか、ざっくり天然ゴムか、ケミカルかで選んでます(^ ^)

 

◆厚さ

 1〜2mm(薄め) 3〜5mm (標準) 6〜12mm (厚め)
自宅用  △  ◎  ◎
スタジオ用  △  ◎(クラスによっては○)  ◎(クラスによっては○)
外ヨガ  △(芝生や砂の上なら○)  ○  ◎

 

 

で、何がおすすめ?


ヨガマットって、本当にたくさんの種類があるから、迷いますよね!

今回は僭越ながら私のおすすめをご紹介します!

◆とあるヨガインストラクター(Nana Fujita)の現在メインで使用している
ヨガマット

素材 厚さ 価格 ブランド
自宅用 天然ゴム×麻 4mm 6,600円 eco yoga(画像がありませんでした)

スタジオ、旅行へ持ち運び用

天然ゴム 1,5mm  6,996円
外ヨガ用 PVC(塩化ビニル)  6mm  4,500円

 

この3つがメインで使用しています。特に最近は自宅練習がメインなので使っているのはほぼ4mm のeco yogaのマットです。他では、陰ヨガ用に12mmのピラティスマットなども使ったりします。

自分の中でお気に入りなのは自宅用に使っている、eco yogaのジュートヨガマット4mmなのですが、手入れや、重さなんかを考えると、2〜3本目に買われるのをお勧めします♡

下の白いマットがeco yogaのジュートヨガマットです♪ナチュラルでお洒落でめちゃくちゃ可愛い♪

もう既に、ヨガのクラスを何度か経験していて、マイヨガマット買ってみようかなと言う方には本当にお勧めです♪

 

使う前に撮影していた写真を発見!マンドゥカのトラベルマット♪

ハワイに旅行で行った時も、仕事で行った時もこれを持って行きました♪

 

現在は上記の様な感じで使っているのですが、ヨガを始めたばかりの時に1本目に買ったのが、現在は外ヨガ用に使っている、リアルストーン6mmのヨガマットです。自宅で練習する時も、養成講座に行く時も、ホットヨガ、常温のスタジオに行く時も、しばらくこの1本で練習していました(⌒▽⌒)

ただ、6mmって、実はけっこう厚くて重いのと、若干ふわふわしている感覚があるのでたっぷり動くクラスよりか、ベーシックなクラス、リラックス系のクラスでは尚おすすめですね。

今回は、お家でヨガをするヨガ初心者におすすめのマットという事ですので、リアルストーン6mmヨガマットを、おすすめします♪

朝のお家ヨガしていた時の♪ フローリングでも痛くない!こんなポーズや、

こんなポーズも(笑)

↑ここ数年外ヨガで使いすぎて、マットが日焼けしてしまっていますが、チャコールグレーです。アマゾンで探してみたけど、今はチャコールは無いみたいです(°_°)近い色だと、ネイビーがありました!

 

◆理由

まだヨガを始めたばかりの方や、初めてヨガをする場合は “これで良いのか?” と思いながらポーズをとることが多いと思います。そんな時に、安心して安全にポーズが取れるように。

①素材の割に滑りにくいのと、意外と丈夫!

②価格的に気軽にガンガン使える☆

③6mmで少し厚めだけど、フローリングでも関節を付けた際に痛くない。ヨガ以外でもトレーニングでも使いやすい。

④手入れが楽(私はキッチンアルコールを振りかけてタオルで拭いて、ゆるく丸めて干す。)

 

もちろん、グリップが効いて滑らないもの、天然ゴムのエコなもの、他にも良いマットはたくさんあります。

でもいきなり高価なマットを買うのは躊躇しちゃう。

まずは1本目に買うのにリアルストーン6mmヨガマットはおすすめです♪

ちなみにリアルストーンはヨガウエアも可愛いです!女性の方は特におすすめ!

柄が可愛いものが多いです♪

私のお気に入りの1着↓↓

 

分かりにくかもですが、こんな感じです(笑)

昔に撮った生徒さんたちとの思い出の写真なので、当時に掲載許可取りましたが、念の為ハートでお顔を隠しておきました☆

Aラインのゆったりパンツと合わせて着ることが多いです(´∀`*)

 

そんな感じで、初めてヨガをする人でお家でヨガをする人には、リアルストーンはおすすめです♡

良かったらチェックしてみて下さいね♪

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました♡

 

関連記事

  1. ファスティング初心者〜断食後の食事は?回復食〜

  2. 北海道で陰ヨガ♪

  3. ハワイで☆ヨガインストラクター資格〜マンツーマン編〜

  4. 初めてのアロマ香水作り♪

  5. 5月も開催!Studio +Lotus8オンラインヨガクラス…

  6. 【朝日新聞さん】子ども新聞に掲載

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。